読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

イタリアでがんになった (PHPコミックス)

イタリアでがんになった (PHPコミックス)

 

 

先日乳癌の事を書きましたが…

 

実は乳癌検査をする1年位前のこと。

一番下のチビを妊娠中、いつものように妊婦検診に行きました。

上の子2人を出産する時にもお世話になっていた病院なので先生とも何でも話せる中。

いつものように、子宮にカメラを入れられながらカーテンの向こう側の先生と話していた時です。

赤ちゃん元気だよ~

と言う言葉の後、んーちょっとさ癌検査していいかな?この辺ちょっと気になるんだよね~分かる?と。

ベッドの横にあるカメラを見ていましたが分かるわけありません(笑)

とりあえず子宮の中の組織を少しとって生検に回して、結果は次回の検診の時とのこと。

 

過去の妊娠中にも何度もやっていた検査なので特に気にすることもなく、次の検診の日がやってきました。

赤ちゃんも元気で問題ないよ~と。

ホッとしている私にいつもより真剣な顔になった先生が、お母さんねこの前の検査の結果。高度異形性レベル3。これ、次は初期の子宮癌になるからね。と…

初めて聞く言葉ばかりでちょっと何言ってるのか良く分からなくて(笑)

すると先生は、とりあえず今は妊婦さんだし赤ちゃん無事に産まれたらお母さんの方の治療考えようね。と優しく言ってくれたので、じゃあそれでお願いします。と言ってそのままそれ以降この話を先生とすることもなく無事に出産を終えました。

退院の前日の母体の検診でもう一度子宮の組織をカリカリ取られ、1ヶ月検診まで何事もなく自宅で過ごし、チビを連れての1ヶ月検診に行きました。

1ヶ月検診では私は私の、チビはチビの検診をして無事に終わり、先生との話の時に

お母さん、やっぱり2回目の生検でも高度異形性レベル3って結果。だからこれからはお母さんの方の治療をしていきましょう。とりあえず火曜日に癌の専門の先生が来るから火曜日に予約とって下さい。

と言われ、帰りがけ受付の方にも火曜日の予約をとるよう言われたのですが、私が検診に来るってことはチビを少し主人に見ててもらわなければならないので、主人の予定を聞いてから改めて電話で予約を入れますと伝え帰って来ました。

家で主人に伝えると、いつでもみてるから早く行って!と言われたのですがそこまで深く考えていなかった私は、まぁそのうちって事で放置(笑)

今考えるとゾッとしますが、先生の言った言葉も頭の片隅にありつつ、日々の子育てに追われていました。

それから…

早1年(笑)

先日書いた主人と初めて行った人間ドッグの時にせっかくだからと、女性の検査オプションを付けました。

そして子宮癌の検査もしてもらった結果…

子宮癌項目A

まさかのA判定(笑)

Aと言うのは要するに何も悪くないですよということ。

1年放置してる間に癌になりかけていた細胞が消えてしまったのでしょうか?

さすがに気になって、乳癌の事を調べるついでに高度異形性の事も少し調べたのですが、稀に消えることもあるとのこと。

本当かどうかは分かりませんが、とにかくそれから6年の月日が流れましたが私はとっても元気です(笑)

でもこのところ芸能人の方々の癌のニュースを聞くと、やっぱり1年に1回は乳癌と子宮癌の検査には行かないとなぁと思うのですが、どちらの検査もやっぱりちょっと恥ずかしいじゃないですか、上半身裸、下半身裸になり、特に子宮癌の検査は下半身裸になり色々な器具を入れられるので、やっぱりどうしても足が遠のいてしまうのです(T^T)

しかし後悔することなってからでは遅いので、やっぱり近いうちに行ってみようと思います(-.-;)

 

以上、あまり中身が無い内容でしたが子宮癌のお話でした^_^;