読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳癌

 

乳がんと診断されたらすぐに読みたい本  ~私たち100人の乳がん体験記

乳がんと診断されたらすぐに読みたい本 ~私たち100人の乳がん体験記

 

 

 

乳がんになったけど私もおっぱいも元気です

乳がんになったけど私もおっぱいも元気です

 

 

今日も1日おつかれさまです<m(__)m>

 

最近、小林麻央さんがブログを開設して乳癌と診断されるまでの状況をお書きになっていましたが…

 

実は私も全く同じ状況でした。

 

私と主人は年齢差があるので、主人の年齢的にそろそろ1年に一度位は人間ドックで検診を受けて欲しいと思ったのですが、やはり面倒くさいとかまだいいだろうとかそのうち行くとか…

なので、一緒に行くから!と無理矢理連れて行きました。

 

大きな総合病院だったのですが、人間ドックの受付は病院の受付とは少し離れていました。予約制なので20人程だったと思いますが周りは主人よりもずっと年齢的に上の方々…

の中に当時若干30そこそこの私は完全に浮いてました…

受付を済ませるとそれぞれの科に行き検査をするのですが、どの科の先生もやはり年齢的なものなのでしょうか?ほぼ相手にしてくれませんでした(。>ω<。)

あなたまだ若いから!とこの日何度言われた事か…

一通りの検査も終わり最後に血液をとり、今日出てる検査の結果を先生と話してその日は終了なのですが、最後の最後まで若さ故相手にされなかったので何も考えずに過ごしていたある日、人間ドックの検査結果が送られて来ました。

まずは主人の方の結果を見て安心し、自分の方ももちろん何事も無いだろうと思っていましたが…

乳癌検査のところに、要再検査の文字。

ん?と思い読み進めると、何が書いてあるのかよく分かりません(笑)

とにかく今すぐ検査に来るようにとの事。

何だか穏やかな感じでは無いと思いネットで調べてみることにしました…

そして大後悔(T^T)

調べると、乳癌の疑いだと…

は?え?先生達全然相手にしてくれなかったし、何かの間違いでは?

と思ったのですが、一気に不安マックス!

あっ、死ぬんだ…

と気がついて1人号泣(T^T)

当時まだ一番下のチビは1歳にもなっていませんでした。

自分が死ぬ事より、私がいなくなってしまったら子供達はどうするの?パパ1人で育てられるの?無理じゃん!

などが頭を駆け巡り気がついたら主人に泣きながら電話してました。

そして後日、主人が付き添ってくれて病院で再検査。

エコーとマンモをしました。

エコー検査では、画面を見ながら先生がゴリゴリ何度も同じところ(シコリがある部分)

を真剣に調べてました。しつこい位何度も見ていたので、あー私終わったなと心の中で思いました。そして検査が終わってすぐに、どうでしたか?と聞いたのですが、結果は外来の先生に聞いて下さい。とだけ言われ…

またまた不安マックス!

マンモは思ったより痛みも無く終了。

そしていよいよ外来の先生に呼ばれました。

左胸にシコリがあるね、こことここと…

と絵を書いて丁寧に説明を始めてくれました。

実はネットで調べてから気になって自分で胸を触ってみると左胸に確かにシコリがあったんです、しかも小石みたいのが何個か。

だから自分でもそのシコリの話を先生がしてくれているのは分かりました。

なので、はい。ここですよね。と先生に伝えると、自分でも分かるよね?で、検査の結果ですがそこの部分は良性のシコリです。ちょっと触り心地も良くないし消えるものでも無いから気になるかもしれないけど、これがこの先悪性に変化する事は絶対なありません。

だから安心して下さい。でもせっかくの機会なのでこれを機に1年に1度は検査に来て下さいね。と…

その言葉に本当にホッとしたのを覚えています。

癌かも?とか死ぬかも?って考えながら過ごした日々は本当に生きた心地がしなかったし、遺書的なものも書きましたし、加入している保険の契約内容を読みあさったり…と本当に本当に不安でしたから…

 

で、無事再検査も終わりその後どうしたかと言うと…

それ以来1度も検査に言ってません(笑)

かれこれ6年位前の話ですが、もちろん左胸はいまだにゴリゴリとしたシコリがありますが、基本放置です(笑)

先生が大丈夫って言ってたし、何より病院に行くのご面倒くさい!

しかし最近芸能人の方も乳癌が増えていてそんなニュースをみると、行かなきゃなぁと思うのですが…

なかなかね…

ただ小林麻央さんの話を聞いて、自分に状況が似ていたので今回乳癌の話を書いてみました。

 

私は幸いその後実は癌だったということも無くピンピンしていますが、小林麻央さんのように実は癌だったとなったら、あの時こうしていれば…と後悔してもしきれませよね。

お子様達もまだまだ小さいですし、今はゆっくり休んで治療に専念して、1日も早く子供達との楽しい時間が過ごせるようになるといいですね。

そして、様々なご病気の方々が元気に回復されますように…

 

長々とお付き合いいただきありがとうございました<m(__)m>